傾斜の角度と方角による発電量の違い

太陽光発電システムを利用するケースですが、どうしてもしっかりと考えていかなければいけないものがあります。
それは発電量というものです。
しかも、単なる発電量ではありません。
傾斜の角度と方角による発電量の違いをみていくべきです。
日照時間が多いとされる埼玉県では、発電システムの導入量が多くなってきています。
そのような埼玉県でも、しっかりと発電していけるように上記した傾斜の角度と発電量を、見ていかれるといいのではないでしょうか。
実際に、発電システムを導入する時に、そういった知識を持っておくことは何よりも大切なことになります。
では、その太陽光発電システムについてですが、傾斜の角度につきましては、おすすめのものがあります。
それは約30度というものです。
実はそれ以上の角度をつけてしまいますと、発電量がダウンしてしまうということがあるのです。
角度というものはつければいいものではないということは知っておく必要があります。
また、もちろん、発電量には方角というものが関連をしてきます。
その発電量と方角ですが、基本的に北向きというものがお勧めになります。
北向きに設置をすることで、多くの時間太陽の光を得ていくことができるのです。
一方で、東向きや西向きにつきましても、ある程度の発電量を得ることができます。
しかし、東向きは夕方になると発電量が落ちます。
一方で西向きは、日の入り直後はあまり発電できません。
以上のことを考えると、やはり南向きを検討していくべきです。