埼玉から広げてゆきたいですね

東日本大震災で、東京電力の原発が事故にあったとき、福島に危険を押し付けて、東京が電力を利用していたみたいな風潮がありますが、やはりそれだけではなく、東京電力の管轄内の地域は考えるべき問題であると言えるでしょう。
特に、最大ともいえるベッドタウンの埼玉に暮らしている私は、積極的にエネルギーについて考えて、行動してゆきたいと思っています。
その手始めとして、太陽光発電を設置しました。
昨今、低コストで多くの電力を発生させられる原子力発電にするか、それとも効率がよく且つ、原子力ほどの危険度が無い化石燃料を利用した火力にするのかが議論されていますが、よりクリーンで自然の恵みを利用した太陽光発電にするという姿勢を、微力ながら行ったと言うわけです。
日本一の人口を抱える関東で、しかも東京に働きに出ていたり、学校に通ったりしているなど電力を消費している人として暮らしているのですから、むしろ矛先を東京に集中させるのではなく、埼玉から広げてゆこうと言う気概を、示したいものですね。
ちなみに、このエリアは日照時間も申し分ありませんし、自治体も補助金を出してくれていたり、太陽光発電における業者の情報をホームページ上で提供しているなど、サポートしたいと言う気持ちが感じられます。
そう考えると、けして逆境の中で頑張っていると言うストイックな話ではないく、むしろお得な事が多かったり気軽に始められる事であると言うのが、正しいです。
埼玉に暮らしている方は私のように太陽光発電を始めてみませんか?