太陽光発電を川口市でお考えの方

最近のNEWSのキーワードといえば節電です。
今、日本全国で大規模な節電がおこわなれていますが、
これにはおおきくは2つ理由があります。
一つは、電力不足です。
これは福島原発の事故以降、日本各地で原子力発電所を停止していますので、
それによる電力不足は深刻な問題です。
また、もう一つは地球温暖化の防止になります。
地球温暖化は世界規模の環境問題です。
現在日本では火力発電や原子力発電が発電の殆どを占めていますので、
火力発電では温室効果ガスの二酸化炭素を輩出してしまうことになりますので、
電力を使うということは火力発電を稼働することになり、
結果的に地球温暖化を促進していることになるわけです。
このような現状から、特に関東地方では節電が盛んに呼びかけられています。
その対応策として、太陽光発電等による自然エネルギー発電システムへの転換があります。
埼玉県では例えば秩父市に大規模太陽光発電(メガソーラー)計画が挙がっているのです。
また、川口市の場合、3つの行政から住宅用太陽光発電装置の設置に対して費用の補助を受けることができます。
すなわち、国と埼玉県と川口市からです。
これらは全て受け取ることができた場合には、
合計額が数十万円にもなりますので太陽光発電の設置を検討中の方であれば貰わないと損です。
また、太陽光発電に関しては、『余剰電力買取制度』という制度があります。
これは、太陽光発電によって発電され、
家庭で使用しきれなかった電力を電力会社が1kwあたり一定額で10年間買取続けてくれるというものです。
10年後も買取は継続されますが、値段が変更される可能性もあります。
現在は1kwあたり、42円で買い取ってくれることになっています。
これは10年間に換算すると100万から200万円程度に相当する収入になりますので、
結局のところ太陽光発電の設置にかかった初期費用は十数年で回収できることになるのです。
また、費用の回収以降は収入になりますので、
早い段階から太陽光発電を始めることで将来の副収入が早く入ることにもなります。
是非ご検討下さい。