発電の導入に適した越谷市

太陽光発電の普及が日本レベルで急ピッチに進んでいます。
ただ言うまでもありませんが、太陽光発電は天候により、その発電量が大きく影響を受けます。
nullつまり太陽光発電の設置に適した地域と、そうでない地域では、発電量、さらには売電量に大きな違いが生じることとなります。
太陽光発電に適した地域というのは、日照時間が長く、快晴率が高い地域であるといえます。
日本でどの都道府県が最も太陽光発電に適しているのか調べてみました。
インターネットで調べたところ、埼玉県が上記条件に非常によくマッチしているということが分かりました。
私が見たサイトでは、埼玉県の快晴率は全国第1位、日照時間は全国第3位となっていました。
現在は、固定価格買取制度により、かなりの高額で太陽光発電による余剰電力を買い取ってもらうことができますので、埼玉県ではその売電価格は他の都道府県に比べてもかなり有利といえます。
さて、埼玉県では太陽光発電の導入時における補助金においてもかなり優遇されています。
太陽光発電の補助金としては、国からのもの、そして都道府県や市町村が独自に設けたものがあります。
太陽光発電の補助金の特徴としては、各補助金を重複して受給できるということにあり、ダブルそして地域によってはトリプルで受給することも可能です。
たとえば、埼玉県の越谷市では、国、埼玉県、越谷市とトリプルで補助金をもらうことができます。
たとえば4キロワットのシステムを越谷市で設置した場合、補助金の合計は38万円となります(1キロワットあたりのシステム価格が47.5万円以下の場合)。
埼玉県は発電の面でも、また設置時の補助金の面でも太陽光発電に適した県の一つであるということができます。