京セラの太陽光発電

太陽光発電システムには、京セラも早くからその開発に挑んできました。
製品としては、「エコノルーツ」シリーズと「サムライ」シリーズ、屋根材と一体型の太陽電池「ヘイバーン」の3タイプがそろっています。
エコノルーツシリーズは、基本的にはベーシックな太陽光発電システムのタイプで、施工も簡単なタイプが多く揃っています。
一方サムライシリーズには、とくに京セラならではの特徴があらわれています。
このシリーズのモジュールは他メーカーの製品に比べても、かなりコンパクトでとくに横幅が小さく、複雑な形状の屋根や狭い屋根にも効率よく対応できるようになっています。
日本の住居はあまり大きな面積をもたない屋根であることも多く、密集して建築されているケースもしばしばですから、こうした効率のよいコンパクトタイプは有利に働きやすいでしょう。
より多くのモジュールを屋根全体に無駄なく敷き詰められれば、その分、大きな発電出力が望めます。
また、軽量かつ薄いモジュールとなっている点も特徴的で、短いモジュールと長いモジュールをうまく組み合わせて敷き詰めるスタイルを取っているため、設置しても外観をほぼ損なうことなく取り付けることができるとされており、屋根との一体感が保たれる、デザイン性に優れているという評価も高いことで知られています。
アフターサービスのサポートもきちんと整っています。
京セラは10年間の長期保証を業界でいち早く1997年から導入しており、サポート体制で業界をリードしているといえます。
製品品質の維持を充実させるため、雷や台風の被害、洪水被害、火事による被害までシステム全体で設置時と同等のシステムが損害保証されるなど、高い保証を打ち出しています。
長く用いるものですから、定期点検とメンテナンスも制度化しており、4年に1度、プロの手によるチェックとメンテナンスを行うこととしており、これによって安心して、10年の保証期間終了後も有効に使っていくことができるようなシステムとサービスの提供を行っています。